先日・・

先日・・・妊婦さんを見かけました・・・何処でって、コンビニで、です。そんなことは全く持って珍しい事でもなんでもないのですが・・・私も約8か月前まではその妊婦さんだったのですが・・・

妊婦の大変さ、と言うのは妊娠してみて初めて分かるんです。その体の重さだったり、身動きの取れない感じだったり・・・本当に大変なんです。幸い初産の人に関しては両手は空いているはずなので、なにか荷物を持ったり、ということも出来ると思うのですが・・でも、本当に大変・・・世の中のお父さんたちに体験してほしいくらいです(笑)

でも、こんかい問題なのは、このことではなくて、そのコンビニで見かけた妊婦さんが問題・・・どいてよ!!私は妊婦なのよ!偉いのよ!みたいな態度があからさま・・・となりにいる旦那は何にも言わないのかよ!と愕然・・・確かに妊娠中と言うのはホルモンがかなり変化していますし、体の変化も凄いので、知らず知らずのうちにかなりピリピリしたり・・・と言うのはよくあることなのですが・・・

でも、その我が物顔はいったいどうなのよ・・。と言う感じ。だから、と言ってはあれですが、妊婦は偉いと思っているのか、とたまに雑誌とかに載っていますが、そうやって思われるのはそれが絶対にげんいんだ 、と思ってしまった私・・・妊婦の経験がある私ですら、腹立たしかった・・・。

確かに、ホルモンの影響と言うのも凄いと思うんです、しかも、初めてだと何も分からないので、不安も大いにあると思います。でも、それを言い訳にしては何も始まらないんですよね・・。ホルモンの影響なんて、言えば生理になるたびにあるわけで・それを全部ホルモンが・・と言っていたら、それこそもう人間性を疑われる・・・それでも、普通に・・・と言うか・・私たちは、子供を産む、と言う風になった以上は大人になるので、しっかりそこをコントロールできないといけないのかな、と思ったり。でも、本当にひどかったな・・

結婚を考えた相手

まだ結婚せえへんのかっちゅう声が、親のみならず周りからも出てくるようになった。30代も中盤になれば、そうなるもんか。だが結論から言ってしまうと、まだ結婚したいとは思わん。40代になったら、考えるかって感じだ。悠長な考えだよな。それは自分でも思う。

でもな、そんな俺でも過去には結婚を考えた女性がいないことでもない。過去に付き合った彼女に、10年近い付き合いの子がおってな、その子との結婚は一時考えたもんだ。それは20代も終わろうかって頃だった。もう5年以上前になるんだな、早いもんだ。

その彼女と出会ったのは高校時代だった。お互い別々の高校に通っていたのだが、ひょんなことから知り合って仲良くなった。もっとも当時は付き合うような男女の仲ではなかったが。付き合うようになったのは、お互い働くようになってからだ。それも告白してどうこうというものではなく、自然と付き合う感じになっていた。だから、友だちの延長上にある交際という感覚で、普通のカップルとは違っていた。

付き合う年数が増していくと、お互い結婚の話をするようになった。そこまで進んだ仲だったのだが、お互い仕事を選ぶ形となって別れることを決めてしまった。別れたといっても、友達に戻ろうという感じだった。なので今でも度々会っては一緒に飲むような仲だ。女友達というよりも、すっかり何でも話せる男友達という気がしている、今では。向こうからしたら俺は女友達のような感覚かもしれんな(笑)。

時々思うのだが、俺か彼女のどっちかがほんのちょっぴりでも妥協していれば、今頃結婚していたと思うのだ。俺も彼女もマイペースが強いB型気質でな、折れることができなかったのだ。それでも籍だけ入れてと考えたもんだが、それも中途半端で自分たちの首を絞める気がしてしなかった。

そんな彼女と、俺は別れた時にある約束をしている。俺が40歳を過ぎてもまだ独り身だったとしたら、結婚するかってことだ。その話を持って来たのは彼女の方だった。その約束がまだ生きてるのかわ知らんが、40歳まであと4年だ。彼女は俺より3歳年下やけど、今のところ浮かれ話は無いようだ。俺に話してないだけかもしらないがな。

その約束に期待を寄せるつもりは一切無いのだが、もしそうなったとしても、それはそれでいいだろうって思う。20代のときはお互い頑固だったが、少なくとも俺はそれから比べて柔らかくなってきた。

休み少ないってか

休みが少ないと愚痴る後輩がおる。まぁ確かに休みは少ないと思うわ。半日休みは意外とあるんやけどな、まる1日休みっちゅうのは意外と少ない。人によっちゃ半日休やと休みに入らんと思う奴もおるから、そういうのにしたら、確かに少ないわな。

俺は別に少ないとは思わへんかな? 一応年末年始休みはあるし、夏休みもある。祝日は休みやないけど、大型連休はそれなりにあるしなぁ、普通ちゃう? あんま休みが多くてもすることなくなってまうからなぁ、俺にとっちゃちょい仕事が多いくらいに感じるくらいが、丁度よいって感じられるわな。旅行とかあんま好きちゃうし、休みの日は近くをドライブしたりジムに行ったり飲みに行ったりってくらいやから、そんなん別に休みやなくてもできるしなぁ。

でもまぁ、うちの休みでは満足できへんちゅうのも少なくないもんで、過去に何人かそれが原因で辞めていったやつもおる。休みが少ないだけやなく、仕事になれへん、多すぎるっちゅう理由もあってのことやろうけどな。基本、俺はそういうやつは止めたりはせえへんな。「そう。辞めたきゃ辞めりゃええんちゃう」って素っ気なく答えるわ。この間愚痴ってきた後輩も辞める辞めないみたいなこと言いよったから、すこしイライラしてもうて「文句あるなら辞めたらええやん」って言ってもうたわ(苦笑)。

うちは別に人手不足なわけやないし、働きたいやつはぎょうさんおるからな、やる気の無いやつはほんま辞めてもらってええよって思うわ。俺にその決定権は無いけどな、俺を含め、社員のほとんどが思ってるわ。愚痴の多い奴にいつまでも残っていられても職場の雰囲気が悪くなるだけやからなぁ。

基本、やる気の無いやつっちゅうのは仕事量と休みの量に文句を言うわな。仕事が好きなやつやったら、仕事が多くて文句言うっちゅうことないもん。休みの日かて仕事したいって思うくらいや。そりゃ、寝る間がなくなるほど仕事に追われるのは俺も勘弁やで。でもそこまでなわけないもん。最低でも週1日は休めるし、毎日残業はあるけど帰って寝る時間あるわけやし、それで文句言われたら、仕事好きやないって思うやろ。

家族を理由にあげるのもイライラすんねん。嫁がうるさいとか、子どもとの約束がとかな。そんなん理由になるかっちゅうの。そんなんで家族に不満を思わせないように接してやるんが、夫、父の仕事でもあるんちゃうか? それができてへんから、家庭からブーブー文句が出てまうんやろ。

絵心のある俺

俺はいつも小さいメモ帳をもって出歩いている。手ぶらが好きやし、ポケットの中には何も入れたくない性質なのだが、メモ帳はよう持って出歩くわ。なんでかっちゅうと、メモ帳に落書きをするからや。暇つぶしにな、色んなとこで絵をかいとるんよ。絵を描くのが好きなんや。

自慢するほどじゃないし、人に見せてどうやって言うほどのもんでも無いとは思うねんけどな、まぁ結構絵が上手いほうやと思う。下手上手いで言うたらな。小さいメモ帳に適当に書いては、気に入ったもんは切り抜いてスクラップしとる。密かなる俺のコレクションや。

何を描いとるのかっちゅうと、いろいろ。特に決まってはおらん。例えば通勤中に犬を見かけたとする。その犬がぶっさいくで小汚い感じやったらそれを覚えといて、後で暇な時に誇張してメモ帳に描くねん。人もそんな感じで描いとる。後は俺はバイクが好きなんで、がっこええカスタムハーレーでも見かけたら、デザインをさっと書き留めたり。そんな感じや。

絵を描きはじめたのは小学1年のときからや。それまでは嫌いやったんやけど、クラスメイトに漫画が上手い子がおってな、そいつに敵対心を持ったっちゅうか、そいつには負けるのが嫌っちゅうやつやったんで、俺はもっと上手く描いたるわってなり、気が付いたら嵌ってしまったんや。

小学3年になったら学校の漫画クラブにも参加してな、みんなと誰が一番上手く描けるかよう競ったわ。競い相手が多いと、伸び率があがるもんやで。ぐんぐん俺は上手くなってな、将来は漫画家になるぞって当時は本気で思っとったくらいや。

小学校を卒業するまで、俺の中では漫画が一番のブームやった。でも中学に上がったら環境はがらっと変わってまうもんやなぁ。小学まではクラスの多くが漫画描いとったんやけど、中学に上がったら誰も描かんようになってもうて、俺もそうなってもうた。いやそれでも好きやってんけど、友だちと見せ合ったり競い合ったりが無かったもんやから、自然と描く頻度が減ってもうたんや。美術部に入ろうかともおもったんやけど、なんや絵の質がちゃうからやめてもうたし、この中学の変化が、漫画家になりたい夢を挫折させてもうたな。

それからは密かなマイブームになった感じや、落書きをすんのが。それが30代になったおっさんの今まで続いとる(笑)。

フォークリフトの免許ねー

職場にフォークリフトが置いてあるんだけど、これが邪魔なんだよなぁ(笑)。邪魔なら置くなっちゅう話なんだけど、たまに荷物とかを運ぶ際に使うんだ。だから置いてあるんだが、別に荷物が少ない時はフォークを使う必要は無いし、荷物が多くたって別に手押しで運べないこともないし。ただ、あると便利っちゃ便利。使わなきゃ邪魔だけど(笑)。

うちはフォークを使える人が少ないんだよな。俺が働いてる部署じゃ、3人しかいない。そのうち1人は現場と営業の間で動いている人だから滅多に現場に来て仕事を手伝ってくれない。手伝ってくれないっていうと駄目なやつみたいで語弊があるな(苦笑)。もともとは現場で作業しなくてもいい人だし。むしろ忙しい時は手伝ってくれるからありがたい人だ。後は俺の上司と同僚なんだけど、同僚の方は出張業務が多いから外に出ちゃうことが多い。なので実質フォークを使っているのは俺の上司1人だけ。

上司が休んじゃうと、フォークを使えなくなっちまうんだが、これが結構あるんだ。俺は日曜も仕事で出てるんだが、上司は日曜定休にしている。で、日曜はどっかんと大量の荷物が届くことが稀にあるのだ。運送屋は駐車場に荷物を降ろすと帰ってしまう。で、駐車場から職場内まで荷物を手作業で運ばないといけない。このときは「俺もフォークが使えればな……」と、思ってしまう。

そういうことがあるからさ、俺も免許を持っておいていいんじゃないかって思うんだけどな、問題が1つあるんだわ。職場がフォーク免許取得の費用を負担してくれないのだ(苦笑)。まったくケチな会社だぜ。数万くらい払ってくれっての。しかも仕事の効率に関わるもんだぜ? むしろ「お金あげるから取ってきて!」ってお願いしてきてもおかしくないもんだろう。

自腹ってなると、途端に取得意欲が無くなってしまう。だってそうだろう。なんでこっちが仕事のために自腹を切らなくちゃいかんのよ。いや仕事は好きだぜ。でもそれとこれとは話は別だ。仕事にかかる費用を自己負担ってのはそもそもがおかしい。自営業ならいいぜ。でも会社なんだもん。ぶっちゃけ、それが理由で俺以外の人もフォーク免許を取ってないんだよな。みんな俺と同じで自己負担は馬鹿馬鹿しいって思ってるよ。

有給はすぐ取れるし、ボーナスも気前はいい。でも備品を買ってくれないとか、免許費用負担してくれないとか、地味なところでうちはドケチなんだよなぁ(苦笑)。

みかん

先月の頭、ミカン狩りに行ってきた我が家。幼稚園以来のミカン狩りにテンションが上がった私は、かなりの量を現地で食べたにも関わらず、お持ち帰りもしっかりしちゃいました。本当にかなりの量だったので、お持ち帰りしたミカンが無くなったのは最近の事・・・(笑)でも、またすぐ食べたくなってしまう(笑)

でも、そんなにミカンを食べて太らないのか??と不安になってしまうのが乙女心で・・・でも、実はミカンの成分は大半が水分でできていて、脂肪分はほとんど含まないので大丈夫だそう。ミカン1このカロリーも、ショートケーキ10分の1程度らしいのでかなりの低カロリーですよね!

ただ、ミカンの話で有名なことと言えば、ミカンを食べすぎると手が黄色くなる、という話・・・。実はこの噂は本当で、「柑皮症」と呼ばれるものでミカンを食べるのをやめればすぐにでも治るそう。1日に2・3個がいい目安みたいです。

でも、ミカンは冬の黄金フルーツと言えるほど、お手軽なだけではなくて、女性にも嬉しい美容、健康効果がたくさんあるそう。まずはビタミンC。これはメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを予防、また、白血球の働きを強めて免疫力を上げ風邪の予防をしてくれるのですが、みかん2個で1日に必要なビタミンCは接種出来てしまうようす。そんなにお手軽に!?という感じですよね!

また、みんな捨ててしまうミカンの白い筋なのですがこれはアルベドと呼ばれ、ペクチンとよばれる食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消にもいいそう。腸の水分調節をしてくれるんですね!!

また、ミカンはその皮にも薬効があるとされてきていて、古い漢方の書物などによると、風邪の特効薬として使われてきた総。また、近年では、がんの抑制効果があるとされていて、これはオレンジの約100倍もの効果があるようです。

流石にここまで万能だとは思っていなかったのですが・・・これはもう積極的に食べるしかないですね!

フレッシュペーパー

フレッシュペーパーと言うのを知っていますか??今、アメリカで話題になっているのですが、このシートをおくだけで 、食材の鮮度が2~3週間保つことが出来る、という画期的なシートなんだそうです。このシートがあれば・・・野菜をすぐにダメにしてしまう私も大丈夫かもしれない、と思い、欲しいな・・・と考えている所なのですが・・・。

実はこのシートは一人の女性が偶然から発見したシートで、夢をあきらめなかったから実現したシートでもあるのです。カビタ・M・シュクラという女性が発明したのですが、この女性が中学生の頃、インドの祖母の家に遊びに行っていて、誤って飲んではいけないと言われている蛇口の水を飲んでしまったのだそう・・。インドの水は汚いと有名なので、この話を聞いただけでぞっとするのですが・・・。もちろん彼女も病気になってしまう。・・・とパニックになったそうなのですが、彼女の祖母が手作りのハーブやスパイスを混ぜた液体をくれたそう、それがきっかけでそのスパイス濁り水のバクテリア抑制効果に興味を持って自宅のキッチンで色々な実験をしたんだそう・・・。で、凄い事に高校生の時に食品の保存効果を持つ配合を見つけたのだとか・・。で、特許までとってしまったらしいのです。

しかし、高校生の彼女にそれを販売する力はなく・・・でも、社会人になって他の仕事に就いたにも関わらず、このことが忘れられずに地元のファーマーズマーケットに出店をしたところ・・・最初はあまり人気がなかったらしいのですが、口コミで広まり・・・正式に会社の商品として販売されるまでになったのだそうです!!

じつは、世界の食料供給量の25%は腐敗によって失われている用で16億人は冷蔵設備を持っていないのだそう。日本人のように食べ物がいつでも十分に手に入るのは世界のおよそ2割の人だけで、その2割の先進国に住む人が世界の穀物の半分以上を消費しているのだそうです。カビタ氏は「万人に新鮮な食べ物を」をスローガンにこの紙を広げたいと考え活動をしているようです。

ダイエット

今の時期、寒くなってきたし・・・外に出てダイエットなんて絶対にいや!!と思ってしまう私・・・。ただでさえこの寒さで動くのがおっくうなのに、外に出ろだなんて・・・。でも、体を動かさないと脂肪だけでなく、コレステロール、糖質など、一定量を超えると生活習慣病の危険が高まるのもの沢山蓄積されていく上に、体を動かさないと脳が活性化されずに、ネガティブ志向になる傾向もある、というから、積極的には動かしたいところ・・・

でも、これからの季節、美味しいものも多いし、年末年始にクリスマスに、お正月に・・・イベント尽くしでかなり油断してしまいますよね・・・でも、このまま太って年始を迎えるのも嫌だし・・・

本来なら、この冬こそが一番痩せやすい季節だそうで、寒い=エネルギー消費が高いのだそう。その理由は気温が低いと体が頑張って熱を作り出すことからカロリ―消費が促され、代謝がぐんぐんアップするから、らしいです。でも、運動って、疲れちゃうじゃん?と思う方も沢山いるかと思いますが、何もジョギングやサッカーなどだけがスポーツではなく、ウォーキングだけでも十分!寒い時は外に出る、という行為こそが大切みたいなので、そこでちょっと体を動かせばばっちりだそう。

あとは、外に出て動くぞ!!と意気込まなくても、今まで手を抜いていた窓ふきやベランダ掃除も積極的になるといい季節かもしれません。蚊もいないし!!特に高い場所の掃除は腕や肩が鍛えられ、背筋の筋トレにもなるのでいいのだそう!!

でも、ここで気を付けなければならないのが、寒い場所で運動をすると手足で冷やされた血液が心臓に流れ込むことになるので心臓に負担がかかってしまう。しっかりウォーミングアップをして取り組むことも必要だし、更にはクールダウンにも時間をかけてしっかりやりたいのが冬の運動。特に冷えるところはサポーターなどで保温するのも効果があるようなので、気になる個所には皆さんしっかりケアをしてあげてくださいね。

ゴマ油

私はごま油が好きです。ごま油って、基本的には何にかけても美味しい気がする。風味はますし、くどくないし。なので、私も重宝しているのですが・・先日こんな記事を見つけた・・。「ごま油入りの目薬」・・・。今月発売予定の目薬らしいのですが・・・好きだからって、人気だからってなんにでも入れればいいというわけではないんだぞ!!と喝を入れてしまいたくなるような感じなのですが・・・。

この商品はロートさんが発売するらしいのですが、商品名は「新ロート ドライエイドEX」という商品・・・。粘度が約60倍の超・高粘度目薬(V・ロートと比較して)。目薬の原料として特殊精製したごま油とヒアルロン酸、コンドロイチンが涙の蒸発を抑え、目の潤いを保つのだそう・・・。・・・なんだよー(怒)と思っていたのですが、実は現在発売されている目薬の中にもごま油配合のものはすでにあるようです。知らなかった・・・知らずに使っていたらいやだな・・と思っちゃいますよ。

でも、実はインドではごま油のこういった活用方法は当り前のようです。あくまでインドでは・・ですが、ごま油は毒だしをするものの中で最も優れているものとされていて、マッサージをしたり、体に塗ったりして活用されているのだとか・・・。唾液の分泌を促進させ、ごま油で口内の酸化を防止するごま油うがいなるものまであるというのだから・・・びっくり・・絶対にギトギトになりますよね・・・・。

でも、科学的にもしっかり根拠があるそうで、特にドライアイ、と言えば角膜や結膜が乾燥によって傷がついてしまう病気なのですが、これに潤いを逃がさないゴごま油がいいのだとか・・。でも、良く考えてみたら、それはゴマである必要はあるのでしょうか・・・。あの香りは食するからいい匂いなわけであって・・・私は目には入れたくはないし・・・体にも塗りたくない・・せめてオリーブオイルでしょ・・・。と思ってしまう・・・という事で、もこみち君に1票にします(笑)。

人見知り

人見知りだと自分では思っている私。でも、旦那さんに言わせてみれば、どうやらそんなことはないようです・・・が、私は人見知りです!と豪語する私。(笑)

別にどちらでもいいのですが・・・でも、自分が思うに、私自身初対面の人と話すのは得意ではないと感じているのです。もちろんそれば仕事の場面になれば、私、人見知りなので・・・なんて言っていられないので、愛想よく、元気よく接客はするのですが、それはある種演じているのであって、人見知りとは関係ないですよね・・・。あとは、私が初めてでも結構しゃべるのは市場。あそこの雰囲気は本当に不思議なもので、あの場では私は人見知りではなくなっている気がします。逆にうるさいくらいに色々話しかけて・・・(笑)もっといろんな話を聞きたいし、色んな情報が欲しいし、何よりテンションが上がり切っているような状態(笑)特にその中でも、おじいちゃん、おばあちゃんと話すのはとても好きなのです。

そんな私をみて、旦那さんは人見知りではないというのですが、それ以外の場面では本当にこちらから人に話しかけないのです。あ、道とかは普通にもちろん聞きますが、旦那さんに言わせてみれば、そうやってすんなり道を聞けてしまう人も人見知りではないと・・・(なんで・・・?)。でも、これを書きながらよくかんがえてみたのですが、私は実は人見知りというより社交的じゃない、に近いのかもしれません。もちろん、初対面の人に話しかけるのもとても苦手なのですが、話しかけられて答えにくいか、というとそうではないので・・・でも、それ以上に話をして深めていこう、とかは自分の中には持ち合わせていない感情かもしれません。

なので、今私の近くにいる友人には本当に感謝です(笑)そんな私に話しかけてくれて、親交を持とうとしてくれて、なんでこんな私なんかに・・・と思ってしまいますが、それがあって今があるんですもんね。嬉しい限りで・・・ということで、このブログ内で解決!!私は社交的ではない!でした(笑)