ほめ上手になる

最近は褒める子育て、と言うのが流行っていますよね。現在8か月の娘を子育てしている私は、全く興味のなかった、子供の教育、と言うのに最近は興味を持ち始めていて、テレビだったり、ネットで色々と調べてみています。今まで興味がなかったので、何も知らなかったのですが、大人の私でもとても勉強になることばかり・・・もっと早めに見ておけば良かったな、と思ったのですが・・・

それで、最近知ったものの一つが褒めて伸ばす、というもの。これは、ネットでもよく出てきますし、尾木ママも推奨している教育方法ですよね。もちろん、褒めて伸びてくれればこの上ないですよね。できれば怒りたくはないものですもん。でも、悪いことまでして、叱らない、と言うつもりは全くありませんから・・・。自分でもとても怖い母親になりそうだな・・・と思っている私(笑)

でも、この褒めるというのは何にいいか、と言うと、もちろん大人にもいいらしいのですが、元々人間には認められたい、という欲求があるらしく・・・これが褒められるという事によって認められた、という満足感に変わるのだとか。で、この満足感が脳を刺激して、気分を肺にしたり、精神を安定させるる、という働きがあるそうです。

・・・という事は、教育の上でこれを活用する、という事は、その褒められた本人のやる気を更に出させて、ある種の調子に乗っている、という状態を作る、という事なのでしょうか・・。そして、この褒められるというのは人間ンが何かを学ぶときに、褒められた方が記憶により定着しやすい、というデータがあるのだそう・・・。という事は、この褒められるという行為は、満足感だけでなく、日常生活だけでなく、勉強にもいい、という事なのでしょうか・・・。

でも、確かに・・・大きくなった今でもそうですが・・褒められた事って、辛かったことよりも記憶に残っているような気がする・・それはとっても辛い事は記憶には残っていますが・・・褒める教育・・イイネ。

Comments are closed.